昇級審査について

​〜黒帯になるまでの道のり〜

昇級審査を受けて、帯の色が変わっていくたびに自信とやる気がついていきます。
前回受験した日から数えて、稽古の出席回数が20回以上あることが受験資格です。
昇級審査は年間3〜4回あり、3月・6月・8月・12月に行われます。

審査種目項目表

​審査種目項目を確認しましょう

階級ごとに審査種目の内容がレベルアップしていきます。

次の階級を目指して自分が覚えるべきこと、練習するべきことを確認し、

​黒帯になるまで計画をたてていくことも大切です。

 審査種目(級外)

審査種目(級外)

正座→座礼→その場突き→その場蹴り

最初に行われる昇級審査の内容です。

★ポイント★

・美しい姿勢を心がけましょう。

・しっかりと気合(ヤァ!などの声)を入れましょう。

・ぶれず、体幹をキープしましょう。

・腰は低く、背中はまっすぐ、身体のラインは直線に。

 審査種目(7〜8級移動基本)

審査種目(8級)

礼→用意→構え→順突き逆突き→戻る→礼

審査種目(7級)

礼→用意→構え→順突き逆突き前蹴り払外揚げ受け→戻る→礼

★ポイント★

・前屈立ちのフォームを正しく。

​ (足はどの位置か?足の幅は?膝の角度は何度か?)

・しっかりと気合(ヤァ!などの声)を入れましょう。

・ぶれず、体幹をキープしましょう。

・腰は低く、背中はまっすぐ、身体のラインは直線に。

用意構え

​先生が「用意」と号令を出したら、

足を肩幅に開き、両手を重ねた状態から引いて、拳を前下に置きます。

「構え」と号令がきたら、両手を力強く振り下ろし、

​同時に、右足を前に出して、前屈立ちの状態で構えます。

回って構え

​先生が「回って」と号令を出したら、

すばやく視線を後ろに移し、同時に顔と上半身を後ろ向きにします。後ろ足を前に出し、腰をひねるように回って、後ろの足をしっかりと伸ばし、前屈立ちで構えます。

順次、動画解説をアップする予定です。しばらくお待ち下さい。

空手道 朋心会

尚心派糸東流空手道拳心会支部

  • Facebook
  • Instagram

Copyrights: 2020 Karatedo Tomoshinkai All Rights Reserved.